<   2008年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧
06 FEB 2008
空港に早く着きすぎた私は携帯電話で日記を書いた。これが最後の日記になってしまうかもしれない...と弱気だった。吞気に日記など書いていたらなんと飛行機の出発時刻が予定より30分も早まっており、ゲートまですこし走るはめに。ヒーヒーゼェゼェと大荷物を抱えたインド人女性を追い越そうとしたとき英語でなにやら話しかけられた。
女「あなたもエアインディアの飛行機?」
私「yes!あんたもそうかい?急ごう!」
女「あのさ、この荷物一つ持ってくんない?」
私「・・・ぉお、オーケー...」
しょうがなく持った。軽いかと思われたスヌーピーのでかいぬいぐるみが頭をだしたユニバーサルスタジオの袋は意外と重い。思えばそれが私の卒業旅行でのインド人とのファーストコンタクト(?)だった。

飛行機に乗って、気づくと寝ていた。いつ飛行機が飛びだしたのかもわからない。しかし、飲み物や食事やおやつの時間だけはなぜかシャキリと目を覚ます。後は寝てるか、地球の歩き方を読んでいるかだった。サリーを着たキャビンアテンダントに何か飲み物いるか?と聞かれ「コークプリーズ!」と言った私に出てきたのは水だった...。英語が喋れない私だが、ここまでひどかったとは!c0131999_12353983.jpgヌムネムしながら考えてみる。なぜインドなのか? ...ようわからん。私はインドに憧れて「インド行きたい」とすっとボヤいてきた。小林紀晴、藤原新也、椎名誠、沢木耕太郎、中谷美紀等、インドと書いてある旅行記もそれなりに読んできたけどぜんぜん内容を覚えていないし(中谷美紀の本がつまらなかったのは覚えているが)インドについて知っている知識はほとんどない。カレー、ヒンドゥー教、ガンジス川.......やっぱりカレー??というような感じで地理を勉強しているであろう中学生よりもひどいレベル。こんなことではインドを愛し、旅をしている人達に大目玉をくらいそうだ。
そんなことを考えまたウトウトしているといつのまにやらデリーに着いた。飛行機をおりる。きっとムッと暑くて、スパイシーな匂いがするんだろうなと思っていたのが大間違い。スパイシーな香りなどしないし、とにかく寒い!インドっにも寒さがあるのか!!私半袖しか持ってきてないけど!!!
今回は空港からの送迎を日本から予約していった。車に乗り、ニューデリー駅近くのパハールガンジストリートを目指してもらう。運転が荒い、クラクションが鳴り止むこともない、横の車との車間距離約20センチ。そしてドライバーは英語が私以上に喋れなかった。いきなり交通事故で死ぬのかなと地獄のドライブ約一時間。適当に決めた宿、300Rs.(約900円)は高いけど、夜に登山バック背負ってフラフラするのは危険だからさっさとシャワー浴び、布団に入る。さっき会った今日日本に帰るという日本人男性は下痢で苦しみながら「俺インド大嫌いです。もう二度と来ません」と言っていた。下のロビーでボスがテレビを見ている。テレビの音と、それを見てゲラゲラわらうボスの声でなかなか寝付けなかった。

[PR]
by namazucco | 2008-02-27 12:30 | journey | Comments(2)
旅の写真
c0131999_3122815.jpg
旅の写真がでけた。カメラのトミーから借りたおもちゃのカメラ。慣れないにしてもなんじゃこらー!という写真だらけ。ピントも露出も合っていないよ奥さん!
帰ったら珍道中日記書くべさっと思っていたんだけど、がっつり書かずにちょいちょい書こうと思う。ということで何日か卒業旅行のお話が続きます。
[PR]
by namazucco | 2008-02-25 03:30 | journey | Comments(0)
透きとおって見えるのだ
c0131999_2574164.jpgもうすぐ春なのに、私の好きな季節なのに。今私は春が来る事を恐れています。就職内定先で少し早めの研修期間。就職してからも絵を描いて、たまに展示などできたらいいなと思っていたのだけれど、はたして続けていけるのだろうか?と不安になってしまう自分が情けない。しかし仕事は楽しく、「鯰さん、その写真のスキャン終わったらこれもよろしくー」とか言われると、まるで自分がドラマや小説の登場人物の様でわくわくします。
展示の日まで一ヶ月をきっているというのに絵の進み具合はよろしくない。これは非常によろしくない。そんなで今日は久しぶりに学校でお絵描き。NUMBER GIRLを聞いて、ダンボールの前でクネクネしながら絵の具をぶちまけて、私は何も考えない。昔から好きだった透明少女のイントロが流れると嬉しくて、とにかくクネクネクニャリカと絵を描いていると「こんな時間までダメじゃないか!!」と警備員のおじさんに怒られてしまった。
[PR]
by namazucco | 2008-02-24 03:22 | life | Comments(0)
ロビンソンの庭
ロビンソンの庭
監督:山本政志
出演: 太田久美子 町田町蔵 田口トモロヲ

「ガンジス川でバタフライ」って映画がちょっと見てみたいなと思って久しぶりにビデオ屋に行った。神奈川の寂れた街のビデオ屋はただあいうえお順に作品が並んでいるだけで、監督別、俳優・女優別に別れていないのでいつも探すのが億劫だ。邦画コーナーをうろうろするが、お目当ての品は見つからず。しかし山本政志のロビンソンの庭を発見!以前見た時は町田町蔵の音楽があまり好きでなかったため「ふぅん、こいつが町蔵か」という具合で見ていたが、今回はたっぷりと堪能させていただく...
作品は相変わらず、狂気と純真さが混在している。私はいつも美しくありたいと思うくせに、結局惹かれるものはまったくそうではないと気づく。
映画に出てる子憎たらしいクソガキがいるのだが、その女の子が小さい頃の私にそっくりでとてもびっくりだ。顔も、憎そい所も。
お暇な方はyoutubeで予告編をどうぞ。
[PR]
by namazucco | 2008-02-23 02:22 | art/music/movie | Comments(0)
意味の分からん言葉じゃなくて意志の疎通をはかりたい
c0131999_203541.jpg
風邪でしんどい。あー、しんど!と2日ばかり眠り、なんとか鼻水垂らしながらみそ汁生姜焼き白米喰らうと少しばかし体力回復。しかし体力は回復しても何故か私は珍しく空しさを感じていた。(寂しいという感情が私にもあったのか!!)旅行中に私は英語が話せぬ故に言いたいことが言えん!とストレスを感じていた。(ストレスというものも初めて経験しました!)やっと日本語が話せるぜ!と我が家に帰った所でどっと風邪がひどくなり、誰かと話すどころか私は夢の中でも英語がI can't speak!状態。あぁ空しい。そう思っているとこれまた珍しく、私の携帯電話が鳴っている。酔っ払いゆっきー(写真上)とMさんからだった。今すぐ来いやと言われ、二つ返事で行くと答える。酔っ払いからの電話ほど面倒なものはないと誰かが言っていたが、面倒なんてとんでもない。とにかくはやく素面の私と酔っ払いの彼女たちとの温度差を埋めたいと思う。

合流するなり「私は人のマイナスな部分に魅力を感じるんだけどエリコマンはどう思う?じゃあさ、完璧な人はオモシロくないって言うけどなんでかな?そうそう、なんで美術大学に来ようと思ったの?なんで絵を描こうと思うの?絵はあなたにとって何なの?」となんでなんで?と聞きたがる年頃の子どものようにMさんは私とゆっきーに質問攻撃する。どうやら彼女はここ何ヶ月かで哲学、倫理、美学、美術評論に目覚め、大学院の芸術表象への受験を決めた。その試験のためにいろいろと考えているという。その後も話は止まらず、なんで絵って描いてる人に似るのか。優しさとは何か。無償の愛って存在するのか。人と向き合うことってどういうことか。言葉の難しさについて。等とにかくたくさん話した。
中でも最も難しく感じたのが「美術教育の問題点ついて」だった。私たち3人は一応美術教育を受けられる大学に通っている。入学前に想像していた美大・美術教育のイメージとはまったく違うものだったこと(私を含め、周り(学校内)を見渡してみるとただ課題をこなすことが重要で、何故私たちは作品を作っているのか?とか人にみせる意味とかを考えることががあまりなかったのは問題だと思う)、私の周りには美術教育を受けなくても作家活動してる人はたくさんいることから美術教育の有無については何度考えても煮え切らない。。美術教育を受けなくたっていい作品は作れると思う反面、いつかお金を貯めて、もう一度ちゃんとした美術教育を受けたいという願望もある。こういうことはショウタ君に聞くといいのだけれど...
陰の部分に惹かれるというMちゃんと、「わかんないから絵描いてる」という絵が好きなゆっきーと。とても楽しい夜だった。
[PR]
by namazucco | 2008-02-19 04:31 | life | Comments(3)
なんてことのない
c0131999_0461791.jpg

昨日インドのデリーより家に帰って来たました。一週間という短い短い旅を思い返してみれば、いろんなことがあったようにも思え、また何もなかったようにも思える。ただ今思う事は、私はそろそろ変わっていかなければいけないということです。
前回の日記ではものすごく不安がっていましたが、風邪をひいていることを除けば何事もありませんでした。風邪が治ったらまた何事もなかった旅行の日記を書こうと思います。とりあえず、風邪がつらいので寝ます。おやすみなさい。
[PR]
by namazucco | 2008-02-16 02:02 | life | Comments(0)
成田空港にて
「今年は旅行しない方がいい。命に関わる災難が降りかかる」
親戚に少し占いのようなモノができる人がいてこんなことを言われた。占いなんて信じたくないけど、少し不安。数年前の私なら異国の地で死ねるなら喜んでルンルンスキップで旅行に行くだろうが、なんとしてでも生きて帰ってきたいというのが今の気持ちである。

いざ行こう!とリュックを背負ったその瞬間にカンボジアで買ったズボンが破け、ケツ丸出し。縫ったり着替えたりする時間がなかったため安全ピンで応急処置。あぁ、ますます不安である。
また空港にて雪が降っていると思って慌ててカメラを持って外に出たのにカメラを構えると雪が雨に変わった。あぁ、これまた不安。
無駄にナーバス。皆さん私の無事を祈っていてください。
ということで、一週間ブログはお休みします。

※この記事は後で編集もしくわ削除します。
[PR]
by namazucco | 2008-02-06 11:05 | news | Comments(6)
SSS MAGAZINE
SSS MAGAZINE

ファッションとアートのweb magazineSSS MAGAZINEに私の作品が掲載されています。8月にミクシイで声をかけていただき、嬉しい気持ちと不安な気持ちとでやりとりさせていただいてたのですが、こんなにかっこいいHPに掲載させて頂けるなんて!!ファッション以外は主に写真と絵・イラスト作品で構成されているのですが、他の方の作品がまたかっこいい作品ばっかりで、私の作品が明らかに劣っている...
だけど私の絵を気に入ってもらって、こういうふうに載せてもらえることって初めてだったので私はとても幸福なのです。とてもかっこいいHPになってます。おもしろい絵、素敵な写真がたくさん載ってるので是非ご覧下さい。
[PR]
by namazucco | 2008-02-06 02:36 | news | Comments(0)
赤れんがレポート5
c0131999_1142867.jpg

またも目覚めると静寂。カーテン開けると真っ白い街。こんな雪じゃ人も来ないだろうなぁーと思いながらゆっくりのそのそと今日も赤れんがへ向かう。日曜だというのに、展示最終日だというのに珍しく人がいない。会場に入ると「エリコちゃんの知り合いの人が来てたよー」と友人に聞き申し訳ない気持ちでいっぱいになる。
来てくれたアオヤギさんと海が見えるテラスでアップルパイを食べながらいろいろとお話する。アオヤギさんの恋愛事情とか、写真を撮ってそれを公開することの難しさとか話してたつもりなのに気づくと「私ってダメ人間なんですよー」とめんどくさい愚痴をアオヤギさんに聞かせていた。展示で毎日緊張して疲れていたのかしら私。きっとそうよ!
つまらない話を2時間程アオヤギさんにぶちまけ、会場に戻るとゆうちゃんが!撤収時間が迫っていたので、お互いカメラで会話して別れる。ありがとう。
3時間で撤収作業。あまりにも慌ただしい時間で、まともに自分の作品を写真に収めることができなかったのが残念。しかし、何人もの友人が展示を見に来てくれてエリコ感激しました。まだまだ経験も少ないし、モノを知らない私。絵だってまだまだ描かなきゃダメです。しかし優しく、時にはケリを入れながら私の成長を見守ってくれるみなさんの暖かさが私にはとても励みになります。会えた方も会えなかった方も来てくれてありがとうございました。

写真上:アオヤギさんがデカいからそんなに大きく感じられない女の子の絵
写真左下:私の似顔絵を描きながらニヤニヤするアオヤギさん
写真右下:あまり話す時間がなかったゆうちゃん。カメラで会話した。
[PR]
by namazucco | 2008-02-04 02:01 | school | Comments(2)
赤れんがレポート4
c0131999_1254165.jpg今日も赤れんが受付当番。会場に到着すると12月のハンサム忘年会で出会った宇野さん(福井から来た謎の人)が見に来てくれていた。今回もなんとこの展示のために福井から来てくださいました。今日もお土産たくさん!私にはlomoの接写レンズまで!あぁ、なんだかうれしいのと申し訳ないのと、複雑な気持ち。「僕が田舎者ってバレてないかな?」とか「田舎者って思われてないかな〜?」と何故かそのことばかりを気にしていてチャーミングでした。今日はありがとうございました。
宇野さんが帰ってから急に客足が途絶え、まったく暇な状態。寒い!お腹空いた!などとこぼしながら受付に人が集まる。何故かみんな私の写真撮ってる。それを撮る私。受付に窓が付いてるので、写真に撮ると、壁に作品があるみたいに見える。メンバーは学科では珍しく非オタクな女の子。おっとりとしていて、ほんわかしたかわいい女子。やっぱり私は人見知りで、もじもじしてしまう。
[PR]
by namazucco | 2008-02-01 01:50 | school | Comments(0)



絵を描く鯰の日記
by namazucco
鯰 エリコ
かなりのマイペースで絵を描いています。

HP:Namazu Drawing
twitter:namazuDerick
Tumblr:夜と踊る/DANCING WITH THE DARK

カテゴリ
全体
life
news
drawing
hibi no syashin
art/music/movie
exhibition
journey
school
about me
最新のコメント
ヤギちゃん! 嬉しいコ..
by namazucco at 19:10
ん〜〜〜素敵な文章。堪能。
by ヤギ at 21:30
わー。ありがとうございま..
by namazucco at 00:44
久しぶりに日記が読めて幸..
by 宇野 弘二 at 07:06
モリモトさん いやぁ、..
by namazucco at 23:03
良質のオムニバス映画みて..
by モリモト脳内ノンフィクション at 12:08
サブカルは知りませんが、..
by namazucco at 16:28
自分は一般人とは違うって..
by TERU at 10:44
笑っちゃってくれてありが..
by namazucco at 20:11
あはっ!なんか笑っちゃう..
by ヤギリサ at 16:59
以前の記事
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
ライフログ
ninjya