<   2008年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧
ゆれっぱなしの私の吊り橋
c0131999_250149.jpgゆれる
脚本・監督: 西川美和 
企画:是枝裕和
青いヤギみたいな人と、ショウタくんにすすめられた。フライヤーを見た時からまさかと思っていたけど、あの吊り橋は昔よく行った川にある吊り橋に似ている。毎年夏には何十回も行ったし、小学校の遠足もここだった。ゆれる吊り橋を怯えながら渡るショウタ君と私をおもしろがったマサシ君は、ピョンピョン跳ねて吊り橋を揺らしていた。そんな私も毎年毎年吊り橋を渡っていると吊り橋を渡るのが怖くなくなって橋の丁度中間地点でマサシ君と一緒に走って橋の向こう側へ行き、橋の真ん中で泣き叫ぶショウタ君を見て笑って楽しむのがお決まりのパターンとなった。
兄弟とかこの川とこの橋とか、何もない田舎で暮したこととか、東京への憧れとか。いろんなものが自分とシンクロ、私的感情入りまくりで橋が映っただけで涙が出た。すばらしい映画だった。
HPにオダギリジョーの写真ギャラリーページもあるのだけれど、これが素敵な写真。顔も良くって、演技も良くて、写真も素敵とは何なのさ。
[PR]
by namazucco | 2008-05-29 03:21 | art/music/movie | Comments(6)
あちらが庭園
c0131999_5291332.jpg

言い訳なんかしたくない。ううう。堪えて忙しいとか言わんようにしよう。あぁ私って偉い!って結局言っちゃってるやー。

今朝怖い夢をみた。(話を変えたのにもかかわらず、つまらん話だね君)
私の前でショウタ君が死んでしまう夢だ。ジェットコースターに乗ってる彼を見ている。私は彼の絶叫する姿を写真に撮って、彼は私に手を振っていた。ジェットコースターが突然に止まってショウタ君の頭がどこかへ飛んで行ってしまう。私は必死に彼の頭を探す。こんな感じで大切な人が目の前で死んでしまう夢をよく見る。夢ってことがわからないからとてもリアルに私は泣き叫ぶ。これぞ絶望の淵とやらか。
なんで、失うこと忘れることが怖いんだろう。(オレンジレンジの歌詞みたい!)
実家に私の部屋がなくなっていたこと。お気に入りのピアスを落としてなくしてしまったこと。中学高校時代のことはほとんど忘れてしまったこと。花が散って季節が流れていく事。すべて虚しく悲しい。
私の好きなどらねこおやじは「人は人を所有できない」と言ったけど結局私達は何も所有することができないのかもしれない。
話がよくわからなくなってしまったけど、みんな長生きするといいと思う。
そう祈っている。
[PR]
by namazucco | 2008-05-25 06:03 | life | Comments(0)
013
c0131999_971533.jpg
トリミング。
[PR]
by namazucco | 2008-05-20 07:07 | drawing | Comments(0)
私も抜け殻
c0131999_1582711.jpg最近の私といったらいろんな欲望と好奇心とが抜け落ちているようで大変困っている。化粧なんか面倒くさい。寝間着から着替えたくない。特に誰にも会いたくない。部屋も片付けたくない。頭洗うのも億劫だ。しかし寝るのと食うのは面倒くさくない。こりゃまた困った困った。
しかし今日はこっそりファンだったカマクラさんと大学のクラスメイトだったミチコさん達が写真のグループ展をしているのでまた今週も高円寺、吉野純粋蜂蜜店のギャラリーへ向かう。
クラスメイトという身近な存在が展示をしているとなんだか身が引き締まります。年も一緒で同じ大学同じ学科。4月から互いにチンピラ大学生からオフィスレディーへと昇格。私は上に書いたようにただ寝て食べたいナマケモノと成り下がり、彼女は私と同じく毎日働いてるにも関わらず、ちゃんと写真の展示なんかしちゃってすげーのすげーの!そんな彼女はまた一段と女らしくなり、キラキラと輝いていた。彼女には写真を撮り続けて欲しい。
[PR]
by namazucco | 2008-05-19 02:18 | life | Comments(7)
ブリキの太鼓
c0131999_1103921.jpgブリキの太鼓
1979,西ドイツ=フランス
監督: フォルカー・シュレンドルフ
ある晩、謎の男性に「君はブリキの太鼓の少年だね。今ある幸せのために成長を止めているんだよギャハハハ!」と言われ、私の頭はクエスチョンマークがポン!ポン!ポン!だったので見てみた。なんじゃこりゃ!とおおおおもしろいという感情が同時に来た。とても不思議。美しくて、グロテスクで、エロスで、いろんなものが混ざり合って、まるで私たち人間みたいだね。

Youtube 2クール エンディング
そして最近土曜日に見ている小林聡美ともたいまさこの番組のエンディング。
高校の時、変なギャルがいて、まったく絵も描く気がないのに勉強よりはマシっしょ!と言っての美術の授業を履修していた。石膏デッサンで石膏を真っ正面から描いていて何故か私に日焼けサロンの話とかセックスフレンドとかの話をしてきて、とにかくそんなギャルが、私を小林聡美に似ていると言って私のことをポポンSと呼んでいた。ぜんぜん似てないけど、それ以来少し小林聡美に反応してしまう。(だって嬉しかったんだもん!)もたいまさこのダンシングがかわいい。
[PR]
by namazucco | 2008-05-16 01:34 | art/music/movie | Comments(3)
写真を撮りたがる人は過去に執着してしまう人なのか
c0131999_3101884.jpg
ショウタ君はどんなカメラを買おうか悩んでいた。どうして悩んでいるのだい?と聞くとフイルムもデジタルも両方魅力的だと言う。そこで私はデジタルを買った方がいいんでないかい?と説得するも彼は余計に混乱してしまったので私のフイルム一眼CONTAX STというカメラを何週間か貸してあげることにした。「ぼくやっぱりEOS kissにする!」と言った何日後かに彼はCONTAX RXというフイルムの一眼レフを嬉しそうに手にして帰ってきた。周りがどうこう言っても本人が使っていてカッコいいとか楽しいと思えるものが一番だと思う。カメラだって何だってそうだ。そういえば最近私はめっきり写真を撮らなくなってしまった。
[PR]
by namazucco | 2008-05-13 03:21 | life | Comments(0)
012
c0131999_314122.jpg
最近の私の戦闘テーマソングを聞きながら。
immigrant song(youtube)
[PR]
by namazucco | 2008-05-09 03:14 | drawing | Comments(4)
バラ!スケスケヴェルヴェット
c0131999_1433763.jpg遅い朝食にホットケーキ、くるり、バラの花、新宿、めがねめがねめがね。
めがねができるまで1時間も時間があったので初給料で父と母にあげるプレゼントを探して紀伊国屋内のタバコ屋、革道具屋など巡る。するといままでずっと欲していたモノに偶然出会ってしまって毎日終電でがんばった自分へのご褒美と誤摩化し、あり金使い果たしてしまった。
その後高円寺へ移動し、おいしい天ぷらを食べたら美味!しかもやはり高円寺にある天ぷら屋なのでそこまでお高くないのがよろしい。死ぬ前に食べたいリストに追加された。
満足じゃ!とポコポコ腹を叩き、次に向かうはロック喫茶。ニールヤングと腐れおめことあぶらだこと歌謡曲とノイバウテンが流れるおもしろいお店だった。最後にキングクリムソンをリクエストしたら何故か西村 雅彦が歌う21世紀の精神異常者だった。何故今泉が...。
[PR]
by namazucco | 2008-05-08 02:06 | life | Comments(0)
もし私が明日死ぬとしたら
c0131999_1552269.jpgもし明日死んでしまうとしたらあなたは何をしますか?という質問をよく友人にされたりしたりしているが、その都度私はおいしいものを食べる!と断言している気がする。川内倫子とテリーの写真展の後大好きな西荻のホルモン屋縁へ。私はここの壷ホルモンが大好きで半年も食べないと禁断症状を起こしてしまうほどだ。(変な薬は入っていません)縁がつぶれてしまったら、壷ホルモンがこの世から消えてしまったら私は何を楽しみに生きて行けばいいのだろう?
つくづく私ってつまらない人間だなと思います。
[PR]
by namazucco | 2008-05-04 02:01 | life | Comments(0)
写真展2つ

川内倫子写真展 Semear
at FOIL gallery
2008年4月24日(木)- 5月25日(日)
12:00 - 20:00(初日と日曜・祝日は18:00まで) 会期中無休


Terry Richardson Exhibition
at ラフォーレミュージアム原宿
2008年4月26日(SAT)〜5月8日(THU) 
入場無料 11:00〜20:00


川内倫子さんの写真は4年前に行ったリトルモアギャラリーでの展示を見ていいなぁと思ったけどその後本屋で写真集を買ったりすることもあまりなかったかな。つまりほとんど彼女の写真にふれるのは4年ぶりということ。さすがに4年もあると変化していくものだ。ファン側としてはいつまでも自分の好みの作品を取り続けてほしいなんて変な考えを起こしがちだけど、変化していくことは作家にとって最も重要なことなのだと思う。そんな私にとっては難しいことを考えながらテリーリチャードソンの写真展へ。下品とか卑猥とかそんなものとっくに通り過ぎて清々しい。芸術とか表現とか写真とかそんなものを考えるほうが阿呆な気がしてくる。「やはりアメリカは長いね」「サドゥーみたいに靴であんなことして伸びちゃったんだよ」とこちらこのような会話。意外にも男女のカップルで来ている人達が多く、女性が目を背けて不快な顔をしてるカップルや、付き合って間もないと見られるカップルは少し気まずそうだった。それもまた面白い。
[PR]
by namazucco | 2008-05-04 01:48 | art/music/movie | Comments(0)



絵を描く鯰の日記
by namazucco
鯰 エリコ
かなりのマイペースで絵を描いています。

HP:Namazu Drawing
twitter:namazuDerick
Tumblr:夜と踊る/DANCING WITH THE DARK

カテゴリ
全体
life
news
drawing
hibi no syashin
art/music/movie
exhibition
journey
school
about me
最新のコメント
ヤギちゃん! 嬉しいコ..
by namazucco at 19:10
ん〜〜〜素敵な文章。堪能。
by ヤギ at 21:30
わー。ありがとうございま..
by namazucco at 00:44
久しぶりに日記が読めて幸..
by 宇野 弘二 at 07:06
モリモトさん いやぁ、..
by namazucco at 23:03
良質のオムニバス映画みて..
by モリモト脳内ノンフィクション at 12:08
サブカルは知りませんが、..
by namazucco at 16:28
自分は一般人とは違うって..
by TERU at 10:44
笑っちゃってくれてありが..
by namazucco at 20:11
あはっ!なんか笑っちゃう..
by ヤギリサ at 16:59
以前の記事
2017年 10月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
ライフログ
ninjya